信頼と融和 一般財団法人三友堂病院の法人サイト

研修医プログラム(リハビリテーション科)

研修医プログラム(リハビリテーション科)

リハビリテーション

はじめに

1.目的

リハビリテーション医療は全人間的復権の医療といわれているが、その基本理念を理解、
習得し、地域のなかでの全人的リハ医療を実践ことができ、また円満な人格を有し、医療の
リーダーとなる医師の養成を目的とする

2.プログラム指導責任者

日本リハビリテーション医学会専門医 穂坂雅之
氏名 穂坂雅之
役職等 三友堂リハビリテーションセンター病院長
日本リハビリテーション医学会指導医
日本リハビリテーション医学会専門医
専門分野 リハビリテーション科

医師詳細はこちら

 指導医:穂坂雅之のプロフィール

  • 1995年     昭和大学医学部卒業
  • 
1995年 3月  昭和大学病院リハビリテーション科入局
  • 
1997年 1月~ 東京共済病院 整形外科
  • 
1998年 1月~ 国家公務員共済組合連合会三宿病院 整形外科
  • 
1999年 1月~ 昭和大学病院リハビリテーション科
  • 2002年10月~ 三友堂リハビリセンター リハビリテーション科科長
  • 2005年 7月~ 副院長
現在、日本リハビリテーション医学会指導医、専門医

3.指導体制

回復期リハ病棟において、病棟専任リハ科医師(穂坂雅之を含む)が指導に当たる

4.募集人員

1名

5.三友堂リハビリセンターの紹介

当院は山形県では最初に設立された回復期リハ専門病院であり、当地域(置賜2次医
療圏)では唯一の回復期リハ病院である。
総病床数は120床(2病棟)であり、その全てが回復期リハ病棟である。
地域2次医療圏内の急性期病院及び維持期医療機関・介護施設等と密接な連携の下
で地域のリハ医療を行なっている。
リハ職員は理学療法士18名、作業療法士20名、言語聴覚士4名を擁し、その全てを
病棟に配属している(PT,OTは約6:1、STは約12:1の配置)
管理栄養士、医療ソーシャル・ワーカーの病棟配属の実施

平成20年度の医療実績

総退院患者数 383名(男176名、女207名)
疾患別 脳血管疾患  54.6%
整形外科疾患 30.3%
廃用症候群  13.6%
その他     1.6%
入院期間 77.5日(平均)
自宅復帰率 66.1%

研修医プログラム(リハビリテーション科)

研修プログラム

主として下記の事項に関する理解と習得を目指す

  • 1. リハ評価の理解・習得
リハ医学的問診法・診察法、神経学的診察法、摂食嚥下機能評価、神経生理学的評価など
  • 2. 総合的および障害別疾患別リハ治療学(義肢・装具を含む)の理解・習得
  • 3.亜急性期医療の理解・習得(合併症などの管理を含む)
  • 4.高齢者医療についての理解・習得
  • 5.障害者医療についての理解・習得
  • 6.認知症や高次脳機能障害への理解と支援の実践の習得
  • 7.リハ的チーム医療についての理解・習得(カンファレンス、連携法など)
  • 8.急性期及び維持期の病院・施設との連携についての理解と実践
  • 9. 地域リハビリテーションやノーマライゼーションの理念と実技の理解・習得
  • 10.福祉関連機器、住宅改修などについての理解と実践
  • 11.社会保障制度、障害者関連法、介護保険法、医療制度などについての理解
  • 12.リハ的臨床研究論文の執筆と学会発表

プログラム

1.1年目(3年次)

  • 病棟において主治医となり患者を担当する(指導医の指導の下で行う)
  • ベッドサイドにおける入院時評価と予後予測、治療方針の決定
  • 
家族(及び患者)に対するインフォームドコンセントの実践
  • リハ処方箋の記載その他具体的指示の記載
  • リハ経過の評価
  • カンファレンスにおいてのプレゼンテーションと議論
  • 
合併症・併発症・再発などの予防・管理と治療
  • 介護保険認定のための主治医意見書の記載
  • 退院時評価
  • 自宅復帰のための福祉機器の選択、居宅改修計画などについての指導
  • 
その他、患者が入院してから退院し、その後の生活が可能となるための全ての係わり

2.2年目

主治医としての更に主体的な係わり
急性期病院との連携への主体的な係わり
維持期リハへの係わり
訪問リハ、通所リハの理解と実践
維持期機関(居宅介護支援センター、ケアマネージャー、介護機関など)との係わり
リハ科外来診療

3.3年目

新入研修医に対してチーフレジデントとして指導を行いつつ総合的リハ科診療を行う

リハビリテーション科実績

リハビリテーション科についての実績を公表しております。ご覧ください。
リハビリテーション科実績はこちら

 

研修医募集要項

PAGETOP
Copyright (C) 2010-2021 Sanyudo Hospital. All Rights Reserved.