信頼と融和 一般財団法人三友堂病院の法人サイト

研修医プログラム(外科)

研修医プログラム(外科)

研修医プログラム(外科)

はじめに

当科において、この数年間の医療の質の向上には著しいものがあります。手術部・ICUが充実し、ハイレベルな手術、ハイリスク患者の管理が可能となり、特にがんの手術においては食道がん、胃がん、大腸がん、肝・胆道・膵領域のがんの手術成績の向上が達成されています。

一方でQOL(生活の質)を重視した消化器内視鏡手術、乳がん手術にも力を注いでいます。近年進歩の著しい手術器械を積極的に導入し、手術時間の短縮、出血量の減少を図り、安全、確実、そしてQOLに優れた手術手技の開発に努力しています。

また、当院には、化学療法室、さらには緩和ケア病棟が開設されており、集学的、総合的にがん診療を行っていくことができます。放射線診療部門では、最新のMRI、CTを揃え、精度の高い画像診断が可能で、山形に特徴的に多い胃がん、肝・胆・膵疾患、乳腺疾患等の外科診療に大いに活用されています。

内視鏡部門も充実しており、消化器内視鏡検査件数は年間5,000件を超えています。特に増え続ける消化器がんに対して、消化器内科との連携のもと、ガイドラインに添った標準治療を行っています。病理検査部門においては、山形大学とのインターネット回線による病理組織診断(テレパソロジー)をリアルタイムに行うことができるようになりました。

これからも当科はこの恵まれた医療環境を活かし、山形県南部に位置する置賜地域、その中核都市米沢の消化器、乳腺、内視鏡外科、また救急医療の中心として地域住民の期待を裏切ることのないように努力を続けていきたいと考えています。

1.プログラム指導責任者

医学博士 外科医師 仁科盛之
氏名 仁科盛之
役職等 (一財)三友堂病院理事長
(一財)三友堂病院病院長
三友堂病院看護専門学校学校長
臨床工学部部長
専門分野 外科、透析

医師詳細はこちら

 指導医:仁科盛之のプロフィール

  • 1976年     日本医科大学卒業
  • 
1976年 7月~ 東京女子医大腎臓病総合医療センター
  • 1980年10月~ 山形大学医学部第一外科入局
  • 
1986年 9月  医学博士学位授与
  • 
1987年 4月~ 茨城県取手市医師会病院勤務
  • 
1989年 5月~ 一般財団法人三友堂病院外科勤務
  • 
1990年 4月  一般財団法人三友堂病院 副院長就任
  • 1996年 4月  一般財団法人三友堂病院 病院長就任
  • 2002年 1月  一般財団法人三友堂病院 理事長就任
医学博士 外科医師 川村博司
氏名 川村博司
役職等 緩和ケア科科長
緩和ケア病棟長
専門分野 緩和ケア、消化管、肝臓、胆嚢、膵臓、乳腺、一般外科疾患

医師詳細はこちら

 指導医:川村博司のプロフィール

  • 1982年     山形大学医学部卒業
  • 1983年 3月  山形大学大学院修了(医学博士)
  • 1988年11月~ (一財)三友堂病院 外科
  • 1992年 4月~ 山形大学医学部第一外科
  • 1995年 4月~ (一財)三友堂病院 外科科長
  • 2002年 4月~ 診療第二部部長
  • 2009年 4月~ 緩和ケア病棟長

2.外科手術の様子

研修医プログラム(外科)

1.1年次

a.患者・家族とのコミュニケーションの習得

1)インフォームドコンセント

b.外科診療の基本の習得

1)救急救命法

a)集中治療医学(ICU)
b)当直実習

2)入院診療(術前・術後管理)

a)創傷処置
b)輸液管理
c)合併症の管理

3)外来診療

a)外来実習:外来担当医の助手

4)診断学

a)画像診断
b)各種造影検査、内視鏡検査の基本的技術
c)術前検討会のプレゼンテーション

5)手術

a)助手の基本(消化器外科、呼吸器外科、乳腺外科、甲状腺外科)
b)執刀:外来小手術、生検、鼠径ヘルニア・虫垂炎・肛門疾患の手術、開腹胆摘術
c)経皮経肝胆道ドレナージ術の助手
d)麻酔の基本(局所麻酔、腰椎麻酔、全身麻酔)

c.化学療法の基本的知識・技術の習得

1)リスクマネージメント
2)効果・副作用に関する基礎的知識・技術
3)各種がん化学療法の理解・実践

d.緩和ケアの基本的知識・技術の習得

1)症状コントロール

a)疼痛コントロール
b)心理・社会・霊的ケア

2)患者・家族・スタッフとのコミュニケーション

a)レスパイトケア

3)看取りのしかた

2.2年次

a.外科診療

1)入院患者管理

a)患者受け持ち(主治医)
①. インフォームドコンセントの実践
②. 術前・周術期・術後管理

2)手術

a)全ての手術(緊急手術を含む)における第一助手としての技術の習得
b)執刀:1年次の手術に加え、胃切除術、結腸切除術、腹腔鏡下胆摘術、乳癌手術、甲状腺手術
c)経皮経肝胆道ドレナージ術の実践
d)麻酔:腰椎麻酔、全身麻酔の実施

3)外来診療

a)外来担当:入院時の受け持ち患者
b)救急患者のプライマリーケアの実践
救急救命処置の実施

b.化学療法

1)主治医としての適応とスケジュールの決定
2)実践
3)効果判定・副作用管理

c.緩和ケア

1)主治医として症状コントロールの実践
2)看取りの実施

3.3年次

a.外科診療

手術執刀:1・2年次の手術に加え、食道癌手術、肝・胆・膵手術、直腸手術、胸腔鏡下肺切除術、
甲状腺癌・バセドー病手術、緊急手術

b.化学療法

消化器系癌、乳癌、肺癌化学療法の実践

c.緩和ケア

臨床経験の蓄積

いずれも山形大学医学部消化器・一般外科学分野(現教授 木村 理教授)の出身で、消化器・乳腺・一般外科分野を担当します。また、山形大学、東北大学から、呼吸器外科、乳腺・腫瘍外科分野の指導を受けております。

非常勤医師
大泉 弘幸(山形大学医学部循環器・呼吸器・小児外科学分野 准教授) 呼吸器外科
吉村 幸浩(山形大学医学部循環器・呼吸器・小児外科学分野 講師)心臓血管外科
外山 秀司(山形大学医学部循環器・呼吸器・小児外科学分野) 心臓血管外科
大内 憲明(東北大学医学部腫瘍外科学分野 教授) 乳腺・腫瘍外科
武田 元博(東北大学医学部腫瘍外科学分野 准教授) 乳腺・腫瘍外科

さらに、月に1回、山形大学医学部病理病態学分野 山川 光徳 教授の指導による病理検討会を
行っています。

施設認定:日本外科学会外科専門医制度関連施設、日本乳癌学会関連施設、マンモグラフィ検診施設画像認定施設

当院に対する地域住民の期待は大きいものがあります。そして、その地域の期待に応えるために、病院機能評価認定を受け、常に医療環境を充実させる努力を怠らず、また職員教育にも力を注いでいます。是非、当院で臨床研修を行って、地域の人々に寄り添う医療を学んでみてはいかがでしょうか。

外科診療実績

外科診療についての実績を公表しております。ご覧ください。
外科実績はこちら

 

研修医募集要項

PAGETOP
Copyright (C) 2010-2021 Sanyudo Hospital. All Rights Reserved.